サッシ枠取付け 天井野縁取付け

事務所サッシ

本日からサッシ屋さんが現場に入り、新しいサッシの枠を取り付けてくれています。
事務所サッシ枠取付

通常はサッシは共用部分に当たり、集合住宅によってはサッシの取替えができない場合もあります。
その場合は内窓(インナーサッシ)を取り付けることになります。
今回は管理組合から了解を得ることができたので、新しいサッシを入れることにしました。
通常は既存の枠に専用のカバー工法で新しいサッシ枠を取り付けることになります。
今回はビルサッシのオーダー品から枠を選んで、下地を既存枠に取付け、その下地に新しい枠を取り付ける方法を選択しました。
カバー工法に比べるとサッシの開口面積が若干狭くなりますが、コストはかなり抑えられます。

大工さんは天井の下地となる野縁の施工に入ってくれています。
事務所野縁

PAGE TOP