築50年団地の改修前

事務所から明石大橋

アトリエ兼ショールームにできる物件を探していたところ、実家近くの明舞団地の一角にある築50年の団地の一室が売りに出ていることを知り内覧をさせていただくことになりました。

東谷公園
団地横には原生林を生かした東谷公園が広がり、明石大橋と淡路島、瀬戸内海を正面に臨む立地はすばらしい環境の中にあります。
また、ほとんど通過交通がないため、日中でも騒音がなく仕事場としても恵まれています。

建物自体は外観、階段室などはしっかり手入れされていて、ここより築浅のまわりの団地と比べても見劣りしないものでした。

ただし、問題があるとすれば建物内部です。
くたびれた内装はリフォーム工事でも簡単に小綺麗にできますが、50年前の生活スタイルに合わせた造りをどう現代の生活スタイルに合わせた形に計画(プランニング)にできるかが課題です。
また、壁式工法の鉄筋コンクリート造ですから、耐震性は比較的高いのですが、簡単に壁を撤去できないため、間取りの自由度が低いといった課題も同時に考えなければなりません。

とりあえず、あまりいい印象を持たれないと思いますが(笑)、Beforeの写真を載せておきます。

事務所玄関
玄関です。手前左の壁は撤去できますが、他の壁・天井は構造躯体に直接仕上げをしているため壊すことはできません。

事務所玄関2
玄関入って正面(ひとつ前の写真の見返し)です。左手にキッチン、正面に和室、左手奥にリビングと細かく田の字に区切られているのが古い団地の特徴です。
玄関の突き当りが寝室というのも現代の住宅では少ないですよね。

事務所洗面事務所トイレ
洗面所とトイレです。トイレは床下空間がなかったり、配管の位置が決まっていたりするため、詳細な図面を描いて職人と相談しながら検討する必要があります。
THE昭和の洗面トイレって雰囲気ですよね。

事務所浴室1事務所浴室2
浴室です。レバーを回して着火する、いわゆるバランス釜です。今はパックインタイプの給湯器が出ているので少しは浴槽は大きくできそうです。ただし、壁・天井は構造躯体に直接仕上げをしていたり、天井が傾斜していたり、洗い場と浴槽下の段差が大きかったりとユニットバスを入れるのは難しそうです。

事務所キッチン
キッチンです。空間に合わせたというより、既製品を置いただけのキッチンで、一般的な形ではありますが、使い勝手はよくありません。給湯はキッチンは瞬間湯沸かし器が付いていたようです。

事務所リビング
リビングです。キッチン床のみシート素材で、廊下は無垢の板、他の部屋はすべて畳です。キッチンとの境の壁は構造壁ではないので解体できそうです。

事務所寝室1
事務所寝室2
寝室です。断熱材が入っていない外壁側はすべて結露してカビだらけになっています。
内装だけ綺麗にしても下地で結露していては快適な住まいにはなりません。まずは基本性能を向上させる必要がありそうです。

関連記事

  1. 事務所断熱完了
  2. 天井杉小幅板
  3. 事務所現場調査
  4. トイレ巾木取付け
  5. 枠取付
  6. アレスシックイ塗り2
PAGE TOP