壁断熱&ガス配管工事

一部の壁に断熱材が入りました。袋のフィルムをカットした箇所には気密テープを張っています。

窓枠と下地材の隙間などは現場発泡の断熱材を注入しています。

大工の河野さんは杉の床材を貼り始めていました。
阪口製材所さんの吉野杉の床板です。源平材を発注しましたが、赤味の多い(白太部分が少ない)床板です。基本一等材なので高額な木材ではありません。でも、これだけの品質の木材を使えるのは本当に贅沢です。

床下ではミツワテックさんがガスの配管工事に入ってくれていました。

これで浴室の工事に入れます。

関連記事

PAGE TOP