奈良県吉野の阪口製材所訪問

奈良県吉野にある阪口製材所に行ってきました。

阪口製材所では土台、柱、梁桁などの構造材、下地材、枠材などの内部造作材、更にはフローリングや壁板、建具材、テーブル板まで一棟の家を建てるのに必要な木材を一様にストックされています。
あらゆる要望にすぐに答えられるだけのストックを抱えている製材所は数少ないのではないでしょうか。

吉野というと杉、桧がすぐに思い浮かびますが、サクラ、カエデ、タモ、ブナ…たくさんの木が吉野にはあるようです。
吉野では密植、多間伐、長伐期施業に代表される集約的な林業が進んだことから、奈良県産の木材は年輪幅が狭く均一で、見た目にも美しく、強度に優れ、建築用材として高い評価を受けてきました。
吉野ブランドが名前ではなく品質の高さによって評価されていることがよく分かりました。
自然の木ですから、節があったりもしますが、木目が細かくて表情はとてもやわらかく奇麗なんで、見せたくない部分は見えないところに使って、見えるところに奇麗な面を出せばいいんです。
決して安いとは言いませんが、費用対品質で考えるとすごくいいものがリーズナブルに使うことができると言えます。
私もそういう設計をしていけたらなぁって思っています。

上の写真は吉野サロン(阪口製材所のモデルハウス)です。
設計はMs建築設計事務所の三澤先生です。
こちらで使われている木は…いいものばかりでしたね!
一定の間隔で連続する天井の梁がとてもキレイでした。

阪口さん当日はご案内いただきましてありがとうございました。
家の建築をお考えの方で、製材所を見学したいという方おられましたらご連絡ください。ご案内いたします。

関連記事

  1. 門徒会館骨組み
  2. 梅
  3. びおソーラー
PAGE TOP