最後の仕事

前回記事のつづきですが、河野工務店の河野さんには最後の仕事として外部のデッキを作っていただきました。
デッキ材はレッドシダーを使っています。

塗装は再登場、浅山さんです。

外構工事は基礎をお願いした新納鉄筋の新納さんに、材料(砕石)は解体工事をお願いした日光さんに入っていただきました。
駐車場部分は土壌が弱くて、一度トラックを入れた時にタイヤが埋まってしまったので、補強のためにグラングリッドという蜂の巣状になっているシートを敷くことにしました。

玄関までは飛び石風にモルタル刷毛引き仕上げにしました。

内部では洗面所とキッチンのタイルを奥野タイル店の奥野さんに貼ってもらいました。
京都の業者さんですが、いつも丁寧な仕事をしていただけるので、お願いしてみたところ快く引き受けていただけました。

タイル目地、洗面器目地などコーキング工事は地元明石のマエダ防水工業さんです。

1階の納戸は、お施主さまに壁を塗っていただきました。
他の壁は珪藻土壁紙ですが、ここだけは自然素材の左官材料をローラー塗りしました。

内部の工事もほぼ終わったところで、田中美装さんに美装工事に入っていただきました(スミマセン、写真忘れていました)。
美装後はまたまたお施主さまの仕事です!床を塗装していただきました。
お施主さまにも家を作る楽しみを味わっていただけたと思います。

最後に前田さんに建具を入れていただき、やっとこれで、完成です。

関連記事

  1. 加古川の家Ⅱ基礎工事
PAGE TOP