地鎮祭&地盤調査

先週金曜日に解体工事が終わりました。
最後の最後に道路寄りのところからコンクリートの塊がでてきました。
デッキを計画しているところにも影響していたので、一部を残して撤去してもらいましたが、あまりに大きなコンクリートだったので、このためだけに重機を交換しました。

解体工事が終わったのが、18時頃で、そこから基礎をお願いしている新納鉄筋さんに来ていただき、地縄張りとレベラーで高さ確認をしました。
暗い中、携帯の明かりを灯しながらやっていたので、きっと怪しい光景だったと思います。

次の日は朝から地鎮祭でした。
平野の八幡神社に神主さんをお願いしました。
無事に工事がすすみ、しっかりとした家が建つことを祈っています。

午前中で解体が終わり、午後から地盤調査に入ってもらいました。
調査方法はスウェーデン式サウンディング方式で、敷地内6箇所調べました。
調査の結果、地盤が弱いことがわかり、地盤改良をする方向で検討しています。

また、地盤改良に先立ち、文化財の試掘調査が必要となり、昨日神戸市に申請し、3月1日に予約してきました。
その後、地盤改良→基礎工事と進んでいきますので、当初の工程から2週間ほどの遅れになっています。

関連記事

PAGE TOP